« 内閣官房 省庁に対策の改善を指導 | Main | 金融庁 パブコメ 企業会計審議会内部統制部会の公開草案の公表 »

2005.07.13

経済産業省 パブコメ 企業行動の開示・評価に関する研究会中間とりまとめ(案)

 こんにちは、丸山満彦です。経済産業省が「企業行動の開示・評価に関する研究会中間とりまとめ(案)」についてのパブリックコメント募集を行っています。

 
■経済産業省 2005.07.13
企業行動の開示・評価に関する研究会中間とりまとめ(案)について
・・PDF 2200KB

 受付は8月12日までです。

【目的】
① 企業経営者がコーポレートガバナンス及びリスク管理・内部統制を構築して、またそれらを開示する際に参考となる指針を提示する。
② 当該指針の活用や評価の在り方を検討し、このような企業の実際の取組について促進するための枠組を提示する。

コーポレートガバナンス
○「企業経営を規律するための仕組」とする。企業経営を担うのは企業経営者であるので、基本的には、企業経営者(代表取締役社長といった経営トップのみならず経営を執行する経営陣を指す)をどのように規律するか、という問題となる。

リスク管理
○「企業経営者が企業経営を行い利益を追求していく上で、企業を取り巻く様々な事象が抱えている不確実性(企業経営にマイナスの影響を与える不確実性だけでなく、プラスの影響を与えるそれも含む)というリスクに個々に対応するのではなく、経営理念、事業目的等に照らして経営に重大な影響を及ぼすリスクを企業経営者が認識・評価し対応していくマネジメントの一つ」とする。このようなマネジメントは、リターンを得るためにはリスクは不可避である
という観点から企業経営そのものであるという面があり、すなわち、経営を取り巻く様々な不確実性(リスク)を如何にコントロールし、利益を最大化していくかという、企業経営をリスクの視点から見たものとも言える。

内部統制
○「企業経営者の経営戦略や事業目的等を組織として機能させ達成していくための仕組」とする。また、企業がその業務を適正かつ効率的に遂行するために、社内に構築され運用されるプロセスともいえる。


P58
本指針は、産業保安、製品安全、消費者保護、個人情報保護といった国民の「安全・安心」を確保するための企
業経営の基礎になるものと考えられる。したがって、このような個別分野における企業不祥事防止策等を具体的に検討する場合にも、本指針で提示したコーポレートガバナンス及びリスク管理・内部統制の枠組を踏まえて検討が進められることが望まれる。

=====

幅広い検討範囲です。



このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 内閣官房 省庁に対策の改善を指導 | Main | 金融庁 パブコメ 企業会計審議会内部統制部会の公開草案の公表 »

Comments

丸山さん

いつも有益な情報ありがとうございます。

今回のMETIの中間とりまとめ案ですが、冒頭の図を見ると、明らかにコーポレートガバナンスの守備範囲と、内部統制の守備範囲を分離していますね。

COSO(92年)モデル的な理解(内部統制の守備範囲はコーポレート・・の守備範囲を含む)とは違いますし、なによりMETIの平成15年の報告書(「一体として機能する・・・」とかなんとかいう分かりにくいもの)と違っています。

個人的には、「なんでも内部統制」はいかんと思うので、中間とりまとめ案の考え方の方がいいです。

ちなみに、中間とりまとめ案は、COSO ERMをごっそり採用していますが、もしやそちらで守備範囲の変更があったのでしょうか。

森 拝

Posted by: 森 | 2005.07.30 02:37

森先生、コメントありがとうございます。

 変わっていないと思うんですけど・・・。

 ガバナンスと内部統制の関係ですが、どちらもふわふわしたものですが、両者はベンズの関係になっていると思っているんです。

  COSOの場合は、取締役会は統制環境(COSO ERM内部環境)の一部と考えられています。
 主体は経営者でその考え方、行動様式に影響を与えるということで、統制環境と位置づけられていると思っています。

 もう少し、よく読んで考えて見ます。

Posted by: 丸山満彦 | 2005.07.30 10:23

今日は暑いですね~

>COSOの場合は、取締役会は統制環境
>(COSO ERM内部環境)の一部と考えられて
>います。
> 主体は経営者でその考え方、行動様式に
>影響を与えるということで、統制環境と位置
>づけられていると思っています。

これはまったくそのとおりだと思います。
つまり、取締役会や監査役による経営者の監督状況も内部統制の一部と考えていた。
METIの15年の報告書も明らかにそうです。

しかし、今回のとりまとめ案は、その部分を「コーポレートガバナンス」と呼んで内部統制の外側に出しています。

単にコーポレートガバナンスが内部統制に含まれるかどうかだけの問題ですが、内部統制概念の理解が難しいので今のうちに議論しておいた方がいいのかもしれません。

まあ、いずれにしてもお互い差し迫った締め切りが片付いてからにしましょう。

森 拝

Posted by: 森 | 2005.07.31 12:58

森先生、コメントありがとうございます。経済産業省の中間報告をよく読んで見ます。
平成15年度の報告書の時は事務局として係ったのですが、新しい中間報告書にはまったくタッチしていないので、ちょっと考え方が変わったのかも知れません。

Posted by: 丸山満彦 | 2005.07.31 22:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 経済産業省 パブコメ 企業行動の開示・評価に関する研究会中間とりまとめ(案):

« 内閣官房 省庁に対策の改善を指導 | Main | 金融庁 パブコメ 企業会計審議会内部統制部会の公開草案の公表 »