« セキュリティ投資を考える 予防的対策と発見的対策 | Main | セキュリティ投資を考える(2) 収穫逓減の法則 »

2005.07.04

総務省 自治体間でネット侵入監視・改ざん防止システム構築

 こんにちは、丸山満彦です。 総務省は3日、自治体が相互にネット上の異常を監視、通報するシステムを構築する方針を固めたそうな・・・

 
■日経新聞 2005.07.03
自治体間でネット侵入監視・改ざん防止システム構築へ

=====
 システムは全国の都道府県と市町村を結ぶ行政専用回線を活用。2006年3月までに具体的な運営方法などをとりまとめ、早ければ08年度から導入する考えだ。
=====

 ということだそうだ。「全国の都道府県と市町村を結ぶ行政専用回線」というのは、LGWANのことを指しているのかなぁ・・・

 各自治体がウェブサーバを持たずに、認証済みウェブサーバ環境のみでウェブコンテンツを開示できるようにするとか・・・


このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« セキュリティ投資を考える 予防的対策と発見的対策 | Main | セキュリティ投資を考える(2) 収穫逓減の法則 »

Comments

上原です

共同通信のこのリリースはちょっと語弊があると思っています。この件は要は自治体ISACを作ろうという話の一環のはずです。
http://lg-sec.jp/isac_doc2.html
これと連動しているとお考えになるのがよいかと思います。回線はまさにLGWANです。相互に、というのは、少なくとも形式上は自治体の互助会みたいな格好でやらないといけないということだと思います。LASDECが今そういう形式ですが。
具体的な検討はここ↓でなされるのだと思います。
http://www.soumu.go.jp/s-news/2005/050628_5.html

Posted by: 上原哲太郎 | 2005.07.04 at 04:47

上原先生、コメントありがとうございます。

米国のISACのリスト
http://maruyama-mitsuhiko.cocolog-nifty.com/security/2005/06/isac_list.html

も参考にしてください。

Posted by: 丸山満彦 | 2005.07.04 at 14:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/4818961

Listed below are links to weblogs that reference 総務省 自治体間でネット侵入監視・改ざん防止システム構築:

« セキュリティ投資を考える 予防的対策と発見的対策 | Main | セキュリティ投資を考える(2) 収穫逓減の法則 »