« セキュリティ投資を考える(5) 可能性を言い出したら切が無い | Main | 可児市市議選 選挙無効確定! »

2005.07.10

セキュリティ投資を考える(6) 米国だって悩んでいる

 こんにちは、丸山満彦です。米国の大手銀行にセキュリティコンサルティングをしているパートナーから、セキュリティ対策についての面白い話を聞きました。

 
 米国でも、マネジメントと現場がつながらないという話があるようですね。
 マネジメントはオペレーションの観点、技術の観点のセキュリティが分からない。現場はビジネスの観点からセキュリティを考えることができない。大きな組織になればなるほど、マネジメントとオペレーションが離れていくので、そこをつなげるのが難しいという話でした。
 で、彼らが取った解決方法は・・・

 いつかセミナーで話すことにします。




このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« セキュリティ投資を考える(5) 可能性を言い出したら切が無い | Main | 可児市市議選 選挙無効確定! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/4887669

Listed below are links to weblogs that reference セキュリティ投資を考える(6) 米国だって悩んでいる:

« セキュリティ投資を考える(5) 可能性を言い出したら切が無い | Main | 可児市市議選 選挙無効確定! »