« 電子債権法制定に向けて検討 | Main | 米国 SEC次期委員長にCox氏を指名でどうなるSOX内部統制監査 »

2005.06.04

与党 偽造・盗難カード法案 被害は原則金融機関の負担

 こんにちは、丸山満彦です。与党が国会に提出予定の偽造・盗難カード法案では、金融機関が原則として被害を負担することになるそうです。

 
■毎日新聞 2005.06.02
盗難カード法案:原則的に金融機関の全額補償、打ち出す

===
焦点になっていた預金者過失の軽い盗難カードの被害については、補償割合を75%と明記。預金者過失の証明責任を全面的に金融機関に負わせることで「全額補償が原則」との方向性を打ち出した。
  (略)
生年月日などを暗証番号にしたカードを免許証といっしょに盗まれるなど、軽い過失がある場合は75%の補償を義務付ける。
===

 金融機関の管理下にないユーザの過失責任を金融機関が立証するのは難しいでしょうね。

===
 補償の枠組みが固まったことで、今後は預金者が知人に預金を引き出させて被害を装う「なりすまし詐欺」などへの防犯対策に焦点は移る。
===

 ということに当然なるのですが、金融機関が「意図的ななりすまし」を発見するのも難しいでしょうね。

 金融機関及びその株主、偽造・盗難カード被害者以外の利用者にとっては厳しい方針ですね。

【参考】
金融庁 偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ

・2005.05.21 偽造キャッシュ問題 自民党案は金融庁より銀行に厳しいそうだ
・2005.04.26 金融庁 偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ(第9回)
・2005.04.16 金融庁研究会 偽造カード対策の生体認証の標準化に慎重論
・2005.03.29 偽造・盗難キャッシュカード関係 自民党の動き
・2005.03.25 金融庁 偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ議論の行方




このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 電子債権法制定に向けて検討 | Main | 米国 SEC次期委員長にCox氏を指名でどうなるSOX内部統制監査 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 与党 偽造・盗難カード法案 被害は原則金融機関の負担:

« 電子債権法制定に向けて検討 | Main | 米国 SEC次期委員長にCox氏を指名でどうなるSOX内部統制監査 »