« みちのく銀行に是正勧告? | Main | 認証ビジネス乱立? ネット懸賞広告の個人情報保護の認証制度 »

2005.05.21

偽造キャッシュ問題 自民党案は金融庁より銀行に厳しいそうだ

 こんにちは、丸山満彦です。偽造・盗難キャッシュカードの被害を補償する法案。盗難キャッシュカードについての補償のあり方は、金融庁がまとめた案より、自民党財務金融部会がまとめた案のほうが、銀行に厳しい内容になるそうです。

 
■毎日新聞 2005.05.21
偽造キャッシュカード:被害補償 自民法案 より預金者に配慮

偽造カード:全額補償が「原則」 自民部会が法案提出を了承


金融庁 偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ
第二次中間取りまとめ~盗難キャッシュカード被害に対する補償を中心として~2005.05.13
偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ中間取りまとめ~偽造キャッシュカード被害に対する補償を中心として~ 2005.03.31

 
盗難カード被害に関する自民党案と金融庁案の違い

①過失責任の立証
・金融庁案=預金者が自分の無過失の立証責任を負う
・自民党案=金融機関が自らの無過失の立証責任を負う

②預金者に軽過失がある場合の取扱い
・金融庁案=金融機関は50%補償
・自民党案=金融機関は50%以上の保証

③補償対象期間
・金融庁案=2日以内に金融機関に盗難を届ける必要がある
・自民党案=30日以内に金融機関に盗難を届ける必要がある

 金融機関に過度な負担をかけると、他の預金者に薄まって負担がまわりますね(一種の保険のような感じになります)。また、株主の利益を害することになるので、株価に影響が及ぶかもしれません。このあたり、どこでバランスをとるかということですね。今回は、このあたりでバランスを取るということになるのでしょう。


このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。


|

« みちのく銀行に是正勧告? | Main | 認証ビジネス乱立? ネット懸賞広告の個人情報保護の認証制度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/4216027

Listed below are links to weblogs that reference 偽造キャッシュ問題 自民党案は金融庁より銀行に厳しいそうだ:

« みちのく銀行に是正勧告? | Main | 認証ビジネス乱立? ネット懸賞広告の個人情報保護の認証制度 »