« 事故・不祥事の原因追求を見届けてから社長を辞任すべきか | Main | 人は自分の命をどこまでコンピュータに任せられるか? »

2005.05.18

高額納税者公示制度見直しへ

 こんにちは、丸山満彦です。高額納税者の公示制度の見直しが政府税制調査会で検討されるようですね。

 
 高額納税者のリストが発表されると、毎年、有名芸能人、スポーツ選手や、時の人の税額が話題になりニュースで報道されますね。ことしは、政治家の所得の話を聞きませんでしたね。一方、初めてサラリーマンが納税額第一位になり、話題となりました。しかし、すごいお金を稼いでいる人がいるので、毎年驚かされます。
 しかし、こういう話題も今年限りかもしれません。高額納税者の公示制度を政府税制調査会が廃止も含めて見直すことを決めたようです。

 高額納税者のリストが出回って、それがDMの発送に利用されたり、誘拐事件などにまで発展してしまうと、制度目的の社会的メリットとデメリットのバランスを考え直さなければならなくなるのでしょうね。

 法的根拠、制度趣旨については、

■このプログ 2005.02.12
高額納税者リスト

■Wikipedia
高額納税者公示制度

新聞報道
■日本経済新聞 2005.05.17
「長者番付」廃止も視野・政府税調検討

■朝日新聞 2005.05.16
高額納税者の公開、廃止含め検討 個人情報保護重視で国

■毎日新聞 2005.05.17
長者番付:政府税調小委、廃止・縮小の方向で一致

■読売新聞 2005.05.17
高額納税者の公示制度、政府税調が見直しで一致



このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 事故・不祥事の原因追求を見届けてから社長を辞任すべきか | Main | 人は自分の命をどこまでコンピュータに任せられるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高額納税者公示制度見直しへ:

« 事故・不祥事の原因追求を見届けてから社長を辞任すべきか | Main | 人は自分の命をどこまでコンピュータに任せられるか? »