« 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン | Main | お腹は一杯になっても、金と名誉はいくらあっても足りない »

2005.04.10

携帯電話不正利用防止法が可決

 こんにちは、丸山満彦です。8日の参議院で「携帯電話不正利用防止法」が可決しましたね。携帯電話を利用した。携帯電話事業者や販売代理店が契約や譲渡をする時に本人確認することを義務付け、他人に譲渡する時は事前に事業者の承諾を得なければならなくなりますね。現在の利用者も法が要求する方法と同様の措置を講じていなければ本人確認等が必要となりますね。


■携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律
●法律案
衆議院のページ

●要旨
参議院のページ

■毎日新聞 2005.04.08
・携帯電話:「不正利用防止法」が成立 犯罪防止で

 誰がその行為を行ったかを、いざとなれば追跡し特定できるシステムは、犯罪を抑止する効果がありますね。



このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン | Main | お腹は一杯になっても、金と名誉はいくらあっても足りない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 携帯電話不正利用防止法が可決:

« 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン | Main | お腹は一杯になっても、金と名誉はいくらあっても足りない »