« 個人情報保護法ガイドライン関係 | Main | 経済産業省 事業リスク評価・管理人材育成用テキスト公開 »

2005.04.13

マイクロソフト社の2005年4月の脆弱性

 こんにちは、丸山満彦です。マイクロソフトの4月の脆弱性情報が公開されています。 

■マイクロソフト社の2005.04の脆弱性情報

その要約(にもなっていないか・・・)

番号

タイトル

影響を受けるソフト

概要

影響

Win

IE

EX

M

W

MSMQ

MS05-016

Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される (893086)

 

 

 

 

 

攻撃者により影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性がある。

リモートでコードが実行される

MS05-017

メッセージ キューの脆弱性により、コードが実行される (892944)

 

 

 

 

 

攻撃者により影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性がある。

リモートでコードが実行される

MS05-018

Windows Kernel の脆弱性により、特権の昇格およびサービス拒否がおこる (890859)

 

 

 

 

 

攻撃者により影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性がある。

特権の昇格

MS05-019

TCP/IP の脆弱性により、リモートでコードが実行され、サービス拒否が起こる (893066)

 

 

 

 

 

攻撃者により影響を受けるコンピュータを完全に制御される可能性がある。

リモートでコードが実行される

MS05-020

Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (890923)

 

 

 

 

 

攻撃者により影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性がある。

リモートでコードが実行される

MS05-021

Exchange Server の脆弱性により、リモートでコードが実行される (894549)

 

 

 

 

 

影響を受けるコンピュータで任意のコードが実行される可能性がある。

リモートでコードが実行される

MS05-022

MSN Messenger の脆弱性により、リモートでコードが実行される (896597)

 

 

 

 

 

影響を受けるコンピュータで任意のコードが実行される可能性がある。

リモートでコードが実行される

MS05-23

Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される (890169)

 

 

 

 

 

攻撃者により影響を受けるコンピュータが完全に制御される可能性がある。

リモートでコードが実行される

●は緊急
○は重要

|

« 個人情報保護法ガイドライン関係 | Main | 経済産業省 事業リスク評価・管理人材育成用テキスト公開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイクロソフト社の2005年4月の脆弱性:

« 個人情報保護法ガイドライン関係 | Main | 経済産業省 事業リスク評価・管理人材育成用テキスト公開 »