« 生体認証はなぜ駄目なのか | Main | 狙われる子供の個人情報 2 »

2005.03.06

狙われる子供の個人情報

 こんにちは、丸山満彦です。2005.03.05の日経新聞朝刊に、「狙われる子供の個人情報 相談急増、3年で30倍 ネット関連が9割」という記事がありました。うーん、子供の個人情報も狙われているようですね。

 
■日経新聞 2005.03.05朝刊


インターネット料金の架空請求や大量のダイレクトメールの送付先など、住所な名前など子供の個人情報を悪用された消費者トラブルが急増している。

 子供は大人に比べて個人情報の漏えいの危険性をよく理解していないので、こういう事件が起こるのでしょうね。しかし、そういう点につけこむ事業者の気持ちが分かりません。

 暴力団であれば「さもありなん」ですが、まさか普通の企業がこういうことをしているわけではないでしょうね・・・

【参考】
■個人情報保護法
(適正な取得)
第十七条 個人情報取扱事業者は、偽りその他不正の手段により個人情報を取得してはならない。

■経済産分野ガイドライン
【不正の手段により個人情報を取得している事例】
事例1) 親の同意がなく、十分な判断能力を有していない子供から、取得状況から考えて関係のない親の収入事情などの家族の個人情報を取得する場合


このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 生体認証はなぜ駄目なのか | Main | 狙われる子供の個人情報 2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/3189288

Listed below are links to weblogs that reference 狙われる子供の個人情報:

« 生体認証はなぜ駄目なのか | Main | 狙われる子供の個人情報 2 »