« 情報セキュリティ人材が12万人不足しているらしい | Main | [NCO for ITR&D] PITAC Report to the President on Cyber Security: A Crisis of Prioritization »

2005.03.19

インターネットの管理体制、災害対策などめぐり議論 GIIC年次総会

 こんにちは、丸山満彦です。日経IT最前線2005.03.02の記事、見過ごしていました。

 
■日経IT最前線 2005.03.02
(3/2)インターネットの管理体制、災害対策などめぐり議論――GIIC年次総会

【メモです】
総会の開催 2005.03.01-02@Washington D.C.
北米、欧州、アジア、アフリカ等から約70人が参加

議論の概要は
インターネットガバナンス(インターネットの管理体制)
②ブロードバンドの浸透状況などについて意見が交換
③自然災害に対し、情報通信を活用してどのような国際協力ができるか
など・・・

①富士通の加藤幹之経営執行役の発言・・・
インターネットガバナンスには議論が2つある。
1) IPアドレス、ドメイン名といったインターネットの重要な部分の管理を国家機関ではなく、民間団体が担っていることの是非を問うもの
2) ネット社会のマイナス面(スパムメール、個人情報の漏えい、有害コンテンツ、フィッシング詐欺などのサイバー犯罪等)をどう抑えていくかという取り組み

②在米日本大使館の谷脇康彦参事官の発言・・・
通信業界の競争軸変化
1) 水平統合=あらゆるデータがインターネット上で流通する時代には、そのデータの内容(テキスト、音声、映像)、送信形態(有線、無線)、地域(地域内通信、長距離通信)であるかといった、これまで通信業界が重んじてきた区分けは無用なものになる
2) 垂直統合=1つの会社がインフラの整備、プラットホームの提供、コンテンツの配信まで、すべてを担うこともビジネス戦略上重要になってくる

なるほど・・・

【参考】
世界情報基盤委員会フォーラム
GIIC:The Global Information Infrastructure Commission Forum


このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 情報セキュリティ人材が12万人不足しているらしい | Main | [NCO for ITR&D] PITAC Report to the President on Cyber Security: A Crisis of Prioritization »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/3353801

Listed below are links to weblogs that reference インターネットの管理体制、災害対策などめぐり議論 GIIC年次総会:

« 情報セキュリティ人材が12万人不足しているらしい | Main | [NCO for ITR&D] PITAC Report to the President on Cyber Security: A Crisis of Prioritization »