« 情報セキュリティ人材が12万人不足しているらしい | Main | [NCO for ITR&D] PITAC Report to the President on Cyber Security: A Crisis of Prioritization »

2005.03.19

インターネットの管理体制、災害対策などめぐり議論 GIIC年次総会

 こんにちは、丸山満彦です。日経IT最前線2005.03.02の記事、見過ごしていました。

 
■日経IT最前線 2005.03.02
(3/2)インターネットの管理体制、災害対策などめぐり議論――GIIC年次総会

【メモです】
総会の開催 2005.03.01-02@Washington D.C.
北米、欧州、アジア、アフリカ等から約70人が参加

議論の概要は
インターネットガバナンス(インターネットの管理体制)
②ブロードバンドの浸透状況などについて意見が交換
③自然災害に対し、情報通信を活用してどのような国際協力ができるか
など・・・

①富士通の加藤幹之経営執行役の発言・・・
インターネットガバナンスには議論が2つある。
1) IPアドレス、ドメイン名といったインターネットの重要な部分の管理を国家機関ではなく、民間団体が担っていることの是非を問うもの
2) ネット社会のマイナス面(スパムメール、個人情報の漏えい、有害コンテンツ、フィッシング詐欺などのサイバー犯罪等)をどう抑えていくかという取り組み

②在米日本大使館の谷脇康彦参事官の発言・・・
通信業界の競争軸変化
1) 水平統合=あらゆるデータがインターネット上で流通する時代には、そのデータの内容(テキスト、音声、映像)、送信形態(有線、無線)、地域(地域内通信、長距離通信)であるかといった、これまで通信業界が重んじてきた区分けは無用なものになる
2) 垂直統合=1つの会社がインフラの整備、プラットホームの提供、コンテンツの配信まで、すべてを担うこともビジネス戦略上重要になってくる

なるほど・・・

【参考】
世界情報基盤委員会フォーラム
GIIC:The Global Information Infrastructure Commission Forum



このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 情報セキュリティ人材が12万人不足しているらしい | Main | [NCO for ITR&D] PITAC Report to the President on Cyber Security: A Crisis of Prioritization »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インターネットの管理体制、災害対策などめぐり議論 GIIC年次総会:

« 情報セキュリティ人材が12万人不足しているらしい | Main | [NCO for ITR&D] PITAC Report to the President on Cyber Security: A Crisis of Prioritization »