« 第1回ISO/SR(社会的責任)総会開催 | Main | 金融庁 偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ »

2005.03.08

児童ポルノ 検挙数の約20%がサイバー犯罪?

 こんにちは、丸山満彦です。児童ポルノと言えば・・・の奥村弁護士に、児童ポルノってサイバー犯罪ですかね・・・っと素朴な質問をしたところ・・・・

 


 サイバー犯罪の面と福祉犯の面の両面があります。児童ポルノ犯人にとっては、ネットが有力なツールになっています。

 実務的には「サイバー」の面が強調されて、かつ、見た目の「わいせつ図画」との類似性から「わいせつ図画」と混同されて、被害者の存在を忘れているような感じです。


と言うコメントをいただきました。

児童ポルノのうちどれほどがサイバー犯罪なのか・・・・

内閣府の「青少年白書H16年版」によるとH15年中は児童買春・児童ポルノ法違反で1,945件,1,374人を検挙しているそうです。
http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h16zenbun/html/honpen/hp020304.html

平成16年の「サイバー犯罪の検挙及び相談受理状況等について」から数字をひらうと、H15年中の児童買春・児童ポルノ法違反によるサイバー犯罪としての検挙数は、児童買春269件、児童ポルノ102件合せて371件となります。

 児童買春・児童ポルノ法違反の検挙数のうち約20%がサイバー犯罪ということになるようですね・・・
 他の法律のサイバー犯罪検挙率を見ないとわからないのですが、多いような気がします。。。=>専門家の方、どうですか?

 しかし、青少年白書を見る限り、福祉犯としての児童買春・児童ポルノの割合も多いですね。



このブログの中の意見は私見であり、所属・関係する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 第1回ISO/SR(社会的責任)総会開催 | Main | 金融庁 偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ »

Comments

 現象として観察すると、児童ポルノは伝統的存在としては有体物ですが、質量・体積がある場合は大量流通にもコストやリスクが伴います。データとして無質量・無体積で存在するようになりインターネットが行き渡るようになると、かさばらないのでネット上で爆発的に拡散するようになった。「サイバー」の部分で問題が顕在化した。だからサイバー犯罪の代表選手とされるのだと思います。

 純法律的に観察すると、児童ポルノがサイバー犯罪になるとき、典型としては、メール送信やweb掲載で流布されたり、pcで編集・ダビングされたりすると、擬律が難しくなります。サイバー空間で行われる全ての行為を評価し尽くせないです。件数的には少なくても、懸案としては大きい。
 たとえば、児童ポルノのweb掲載。
 旧法時代に「ダウンロード『販売』は『販売罪』ではない」という判決をもらっています(大阪高裁h15.9.18)。http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/WebView2/27642C03FB01140B49256E6700180854/?OpenDocument
 現行法で擬律しても、同様の行為は、
   ① サーバーへの提供罪(7条1項)
   ② サーバーを児童ポルノ化するから製造罪(7条5項)
   ③ サーバー上での保管罪(5項)
   ④ サーバー上での陳列罪(4項)
   ⑤ サーバー上での提供罪(4項)
に該当します。
 web掲載という社会通念上まとまった行為・児童ポルノ犯としては顕著な行為類型について、5通りの評価があるというのは、立法が遅れている・未成熟な証拠です。児童ポルノ法は99年施行、04年改正なのにこのありさま。
 ここにも、サイバー犯罪として注目される理由があります。

Posted by: 奥村(大阪弁護士会) | 2005.03.08 07:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 児童ポルノ 検挙数の約20%がサイバー犯罪?:

« 第1回ISO/SR(社会的責任)総会開催 | Main | 金融庁 偽造キャッシュカード問題に関するスタディグループ »