« VISAとJCBが情報管理基準を共通化 | Main | 米国政府 情報セキュリティ通知簿2 »

2005.02.23

米国政府 情報セキュリティ通知簿

 こんにちは、丸山満彦です。米国ではFISMA(Federal Information Security Management Act)という法律があり、各省庁別の情報セキュリティ対策の実施状況についての通知簿を公表することになっています。その通知簿が2005.02.16に公表されていたそうです。某Oさん、情報ありがとうございました。

 
IWS - The Information Warfare Siteのホーム
記事(2006.02.16)
採点基準
点数表(A+=>F)
通知簿
 
=====
全体としては、2.5ポイント上昇したとのことですが、全体はD+のままです。DODはDのまま、DHSはFのままですが、昨年AだったNSFがCに落ちたりと、いろいろです。平気で落ちたり、Fがついていたりするあたりが凄いですね。
=====

というのは、某Oさんのコメント。ごもっとも・・・

ちなみに、DODは国防省、DHSは国土安全保障省、NSFは国家科学基金。

あがったり下がったりというのは、そんなにあるものなのかなぁ・・・

==
次のページに日本語訳にした各省庁の点数表をつけています。

|

« VISAとJCBが情報管理基準を共通化 | Main | 米国政府 情報セキュリティ通知簿2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/3041845

Listed below are links to weblogs that reference 米国政府 情報セキュリティ通知簿:

« VISAとJCBが情報管理基準を共通化 | Main | 米国政府 情報セキュリティ通知簿2 »