« 総務省も「フィッシング対策推進連絡会」の開催 | Main | 迷惑メール、違法業者おびき出せ 官民協力おとり作戦 »

2005.01.23

レセプト開示義務化

 こんにちは、丸山満彦です。2005年1月22日の日経新聞の1面はレセプト情報の開示の義務化でした。これも、個人情報保護法の影響もあるようです。開示手数料についても少しだけ触れられていますね。

 
===日経新聞1月22日1面===
 厚生労働省は診療にかかった費用を示す「診療報酬明細書(レセプト)」について、医療機関が患者に開示するよう4月から義務付ける。患者は自らが加入する健康保険組合など公的医療保険を通じてレセプトを入手できるようになる。医療の内容へのチェック機能を高めるのが狙い。
=======================

 私は今まで開示請求を試みたことは無いのですが、今までは医療機関側が開示を診療上の理由(例えば、投与薬等から癌であることを告知してしまうのと同じことになるので)等で拒否できたようですね。レセプトについては、審査をしているそうですが、過去には不正なども多くあったようですね。

 この分野は、あまり詳しくないので、ちょっとWebで調べてみました。

 衆議院のページがうまい具合に検索にかかりました。

質問答弁経過情報
・社会民主党・市民連合 阿部知子議員の質問主意書
・小泉首相の答弁書

 答弁書によると、平成9年度から平成12年度の4年間で、開示請求があった件数と、開示された件数等は次の通りです。

請求件数

33,215件

100%

開示件数

30,389件

91%

部分開示件数

124件

0%

不開示件数

232件

1%

文書不存在等件数

2,470件

7%

不開示の理由

保険医療機関等が診療報酬明細等の掲示により診療上支障が生じると判断

177件

76%

請求者が本人又は遺族のいずれにも該当しない

10件

4%

診療報酬の請求内容に誤りがあることが判明し、審査支払機関を通じて保険医療機関等に診療報酬明細等を返戻

7件

3%

審査支払機関に対して再審査請求を行っており、開示請求時には診療報酬明細等が不存在

2件

1%

不明

36件

16%

 ちなみに、この新聞記事では開示手数料についても触れられていて、患者は受け取る際にコピー代程度の実費がかかる方向のようです。


このブログの中の意見は私見であり、所属する組織の意見ではないことをご了承ください。

|

« 総務省も「フィッシング対策推進連絡会」の開催 | Main | 迷惑メール、違法業者おびき出せ 官民協力おとり作戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/2664866

Listed below are links to weblogs that reference レセプト開示義務化:

« 総務省も「フィッシング対策推進連絡会」の開催 | Main | 迷惑メール、違法業者おびき出せ 官民協力おとり作戦 »