« インターネット接続サービス安全・安心マーク制度 | Main | 電子メール送信者認証 »

2004.12.14

Yahoo!BBから再び個人情報漏えい発覚

 皆さん、こんにちは。トーマツの丸山です。ヤフーBBが個人情報の漏えいが発覚したと報道しています。(12月13日) この件、上原先生のブログにも書かれています。詳細はそちらを参照ということで・・・。
 今回の事件の特徴を踏まえて、企業の対応、報道の仕方(といっては僭越ですが・・)を考えてみました。

 今回のこの状況の特徴として、次の3つを考えることができますね。

 1)一度漏えい事故を起こした企業であること。
 2)既に改善策をとっている、取る計画であること。
 3)今回の漏えいが改善前に漏えいした疑いが高いこと。

 このような場合、企業はどのように対応するべきだろうか?

 通常の漏えい事件の場合は、漏えい原因の追究が、二次漏えいの防止のために必要なのですが、今回は、既に漏えい事件を受けて改善対策をとっていますね。漏えいした原因追及をするよりも、漏えいした人の特定と連絡、二次被害の防止のための対策(これは、ゲリラ的でむつかしいのですが・・・)に重きをおくべきでしょうね。
 
 そして、この件について報道機関などが、批判をするのであれば、「漏えいした事実を批判するのではなく、漏えいが発覚した後に、その企業の対応の仕方を批判する」ことではないでしょうかね。

 どうでしょうか? 

 あたり前のことか・・・。

|

« インターネット接続サービス安全・安心マーク制度 | Main | 電子メール送信者認証 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/2266228

Listed below are links to weblogs that reference Yahoo!BBから再び個人情報漏えい発覚:

« インターネット接続サービス安全・安心マーク制度 | Main | 電子メール送信者認証 »