« フィッシング 米国の動向 | Main | Windowsセキュリティチームのブログ »

2004.12.10

Yahoo セキュリティセンター

 皆さん、こんにちは。丸山満彦です。Yahooがセキュリティセンターを開設していますね。Yahooはフィッシング詐欺の標的となってしまったので、事業者として何らかの啓発をしていくことはよいことだと思います。

 注意事項もたくさんありますね。

① 個人情報を大切に保管する
・ 個人情報とは?
・ パスワードは大切な鍵
・ パスワードの選び方
・ パスワードを聞き出す手口
・ コンピュータ利用時の注意
・ Yahoo! JAPAN利用時の注意
・ 誰かにパスワードが漏れたら
②オンラインサービスを安全に利用する
・ 身元の確かな相手と取引する
・ サイトの安全性を確認する
・ 個人情報送付時の注意
・ 被害にあってしまったら
③自分自身とコンピュータを悪意のある「攻撃」から守る
・ 「ウイルス」はたくさんある
・ 電子メールの危険を回避する
・ スパイウエアとは
・ スパイウエアを防ぐには
・ ソフトウエア追加時の注意
・ 外部からの攻撃を知り、守る
④ネットストーカーや犯罪、いやがらせから自分を守る
・ ネット社会にひそむ危険性
・ 犯罪から身を守るには

 日ごろ、インターネットを利用できる便利さを感じる反面、気をつけなければならないことがどんどん増えていくことに不安を覚えます。これだけ書いていても、よく見ると書き足りないことがところどころにあるように思います。しかし、とりあえずということなのでしょうね。これだけでも結構なボリュームなので、全てを理解し、その通りい行動することは難しいでしょう。
 もちろん利用者も気をつけなければならないのでしょうが、事業者自身も、自ら対応をしていかなくてはなりませんね。Yahooさんも、できる限り取り組んでいるのだと思いますが・・・

 それにしても、世の中には、個人情報それもかなりプライバシーに深くかかわる個人情報を入力させるウェブページにSSLがかかっていないものがかなりありますね。こういう企業を見ると、うーん、もう少し真摯に取り組んでほしいなぁと思います。

<参考>ちょっと気になる点その1
ネット取引をする際に信用できる事業者のサイトかどうかを確かめることが重要と書いています。

■信用できる事業者のサイトか
利用しようとしているサイトが、信用できるかどうかを見分けるには、以下の点を確認するとよいでしょう。

・取り扱っている商品を丁寧に説明してありますか?
・運送方法や料金が、誰にでもわかりやすく表示されていますか?
・質問のメールを送ると的確に答えてもらえますか?
・大きなショッピングモールの参加者ですか?
・特定商取引に関する法律に基づく表記がされていますか?
・プライバシーポリシーなど顧客情報の取り扱いについて明確に示していますか?


多分、これでダメがつくサイトは「信用できないサイト」であるというのはわかります。しかし、全部OKでも、「信用できる事業者のサイト」とはいえませんよね・・・なりすまされている可能性もあるし、法律を守っているサイトだから信用できるというわけでもないし・・・このあたりが難しいところですね。

|

« フィッシング 米国の動向 | Main | Windowsセキュリティチームのブログ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/2225876

Listed below are links to weblogs that reference Yahoo セキュリティセンター:

« フィッシング 米国の動向 | Main | Windowsセキュリティチームのブログ »