« マイクロソフト MS04-045 更新 12月17日 | Main | 個人情報保護法 頭の体操3 »

2004.12.20

総務省 「次世代IPインフラ研究会」を再開

 こんにちは。トーマツの丸山です。総務省が「次世代IPインフラ研究会」を再開すると発表してますよね(12月8日)。検討課題の中には、フィッシングやスパイウェアもあるようです。

 
 総務省の発表によれば、 

 ブロードバンド化・IP化の急速な進展を受けて、内外の電気通信事業者が既存の固定電話のネットワークからIPネットワークへと情報通信インフラを移行する方針を示し始めるなど、情報通信インフラの進化を求める動きが続いている
という背景のもと

次のような課題を検討するようですね。

(1) IPネットワークの将来像
(2) IPネットワーク上で求められるサービス品質・機能
(3) IPネットワーク上での相互接続性の確保
(4) 通信障害発生時の対応、事前の監視及び予防対策の充実に係る事業者間連携
(5) フィッシングやスパイウェア等新たな課題への対応
(6) (1)から(5)までの事項に関する政策支援の在り方   等

 経済産業省もフィッシング対策について検討をするようですので、総務省とダブルスタンダードにならないように調整をして欲しいですよね。(省庁間の政策の調整は内閣官房の仕事かなぁ・・・)
 「電子タグに関するプライバシー保護ガイドライン」の時は、総務省と経済産業省の共同作成のガイドラインとなりましたが、あれはよかったですよね。
 


|

« マイクロソフト MS04-045 更新 12月17日 | Main | 個人情報保護法 頭の体操3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/2318827

Listed below are links to weblogs that reference 総務省 「次世代IPインフラ研究会」を再開:

« マイクロソフト MS04-045 更新 12月17日 | Main | 個人情報保護法 頭の体操3 »