« @policeの世界のセキュリティ情報 | Main | フィッシング110番 日本で初被害  »

2004.12.24

ウィンドウズ 映像ソフト分離版出荷へ

  こんにちは、丸山です。EU第一審裁判所の結果を受けて、マイクロソフトが映像ソフトを分離したウィンドウズを2005年1月から従来品と平行して出荷する方針を明らかにしたことが報道されています。

 
 マイクロソフト社は、欧州委員会によるソフト販売などの是正命令を不服として命令差し止めの仮処分申請を出していましたが、EU第一審裁判は、12月22日に却下したようです。欧州委員会は、2004年3月に、マイクロソフトがウィンドウズの独占的地位を乱用して公正な競争を妨げたとして、音楽・映像再生ソフト「ウィンドウズ・メディア・プレーヤー」を搭載せずに消費者にソフトの選択をゆだねるOSの出荷を命じていたのですが、命令差し止めの仮処分申請が却下されたことにより、EU市場で、メディア・プレーヤーを搭載しないウィンドウズの出荷をしなければならなくなりました。
 なお、命令差し止めの仮処分申請が却下された理由は、「深刻で取り返しのつかない損害を受けかねないことをマイクロソフトは示せなかった」からでだそうです。
 この影響は、他の国にも及ぶのでしょうかね。
=============
このブログの中の意見は私見であり、所属する組織の意見ではないことをご了承ください。
=============

|

« @policeの世界のセキュリティ情報 | Main | フィッシング110番 日本で初被害  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/2361236

Listed below are links to weblogs that reference ウィンドウズ 映像ソフト分離版出荷へ:

« @policeの世界のセキュリティ情報 | Main | フィッシング110番 日本で初被害  »