« 3年前の高木さんの論文を今再び読んでみる | Main | 個人情報保護法 経過措置 »

2004.12.17

安全なIT大国実現へ 研究室飛び出し政策提言

 皆さん、こんにちは。トーマツの丸山です。2004年12月16日の日本経済新聞夕刊4面に「安全なIT大国実現へ 研究室飛び出し政策提言」という表題で、山口英さん、高木浩光さん、今井秀樹さんが載っていますね・・・

 不正アクセスや情報漏えいなどIT社会を脅かすリスクは増える一方だが、政府や企業の対応は遅い。現状を変えようと大学の先生や研究者が行動し始めている。政策づくりや制度設計に積極的にかかわって安全なIT社会の実現に一役買っている。というトーンです。

 山口英さん篇 政策の基本戦略や政府機関向けの安全基準づくりを急ぐ。中央省庁に「セキュリティマネジメントを定着させたい」。

 高木浩光さん篇 クロスサイトスクリプティング、フィッシングの問題を3年前から指摘し、IPAが中心となって行っている脆弱性届出制度の設立に貢献。

 今井秀樹さん篇 情報システムの評価認証制度や暗号技術の評価制度などの実現に貢献。

 産官学がそれぞれの視点、能力を発揮して、よりよい日本になるようにベクトルをあわせて進んでいくことが大切ですね。

|

« 3年前の高木さんの論文を今再び読んでみる | Main | 個人情報保護法 経過措置 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/2291052

Listed below are links to weblogs that reference 安全なIT大国実現へ 研究室飛び出し政策提言:

« 3年前の高木さんの論文を今再び読んでみる | Main | 個人情報保護法 経過措置 »