« 電子メール送信者認証 | Main | マイクロソフトアップデート 2004.12.15 »

2004.12.15

個人情報保護法ガイドライン 2種類

 皆さん、こんにちは。トーマツの丸山です。国土交通省所管分野における個人情報保護に関するガイドラインが告示されましたね(12月2日)。これから年末にかけてほぼ主要な分野のガイドラインが確定し、告示されていくものと思われます。ところで、個人情報保護法ガイドラインには2種類ありますね。

 
個人情報保護法ガイドラインについては、

(1)権限行使の基準になるガイドライン
(2)権限行使の基準とならないガイドライン

の2つがありますね。

 (1)にあたるガイドラインは、経済産業分野ガイドラインです。経済産業分野ガイドラインでは、

 本ガイドライン中、「しなければならない」と記載されている規定については、それに従わなかった場合は、経済産業大臣により、法の規定違反と判断され得る。一方、「望ましい」と記載されている規定については、それに従わなかった場合でも、法の規定違反と判断されることはない。
と明記されています。

 一方、(2)にあたるガイドラインは、法務省が所管する事業を行う事業者のガイドラインです。法務省が所管する事業を行う事業者のガイドラインでは、

・・・法理第32条、第33条及び第34条に基づく法務大臣の権限行使の基準ではなく、事業者等において個人情報保護のために実施することが必要と考えられる事項を示したものである。
と明記しています。このため、ガイドラインの中の語尾は、「~ものとする」となっています。

 金融分野ガイドラインはどっちのグループに入るのでしょうかね。金融分野ガイドラインは、法律の条文を実現するために必要な事項の例を示しつつ、努力義務を明示しています。

 本ガイドラインにおいて、金融分野の個人情報の性質及び利用方法に基づき、個人情報の取扱いに関して、金融分野の個人情報取扱事業者等が特に厳格な措置が求められる事項(努力措置)を「こととする」「適切である」「望ましい」の表現により規定している。
 このようなガイドラインの性格の違いを認識して対応することが企業には求められますね。

|

« 電子メール送信者認証 | Main | マイクロソフトアップデート 2004.12.15 »

Comments

丸山さんはじめまして。私は個人情報保護blogの最適解といいます。ガイドラインには2種類あるとのこと、全くそのとおりですね。ガイドラインは産業分野別にたくさんあり、すべてに目を通していくのが難しいこともあって、こういう単純なことが意外と盲点になっているなと感心しました。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 個人情報保護blog/最適解 | 2004.12.15 at 22:39

 個人情報保護blogの最適解さん。コメントありがとうございます。案外盲点ですよね・・・。先日、ある会社に別件でいっていたら、そこの個人情報コンサルタント(?)が、「経済産業省のガイドラインに書いているので、しなければ両罰規程により罰則をうける。」と言っているのですがおかしいですよねと相談を受けました。個人情報保護法コンサルタントと称している人たちも玉石混交です。
 法律ですので法的な視点からの発想ができないとダメですね。法律を守れてから、顧客視点の話、プライバシーマークの話です。コンサルタントの方も、顧客視点(専門家として顧客に何をアドバイスすれば一番顧客のためなのか)でお仕事ができるとよいと思いますね。
 そういう意味で、コンサルタント(専門家)の倫理は重要ですね。儲からなければダメですが、儲かればよいというものでもないですから・・・。

Posted by: 丸山満彦 | 2004.12.16 at 09:54

コンサルタントの倫理が重要との話、全くそのとおりですね。私も時期が来ればそういう仕事をしたいと考えているものですので、法律を守るという視点と、リスクをマネジメントするという視点、プライバシーマークなどの認証を取るための視点、そういったものをバランスよく身に着けなければと思っています。今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 個人情報保護blog/最適解 | 2004.12.17 at 00:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64462/2272826

Listed below are links to weblogs that reference 個人情報保護法ガイドライン 2種類:

« 電子メール送信者認証 | Main | マイクロソフトアップデート 2004.12.15 »